FC2ブログ

パサつき

いつもをブログご愛読いただき、ありがとうございます

今年も残り1ヶ月ほどとなりました。1年あっという間ですね

新年を迎えた時に考えていたことがいくつかあるのですが、

まだやり切れていない事もあり、この1ヶ月どう動くかしっかり考えていこうと思っています。

寒さと一気に乾燥の季節となってきました

女性にとって、は周りからも綺麗と見られたい部分です。

しっかりとケアしたいですよね

特に髪がパサパサで悩んでいる方多いと思います

気分まで落ちて老けて見られていないか心配してしまいます。

髪のパサツキの原因は

そもそも、髪がパサパサする人としない人の違いは何なのでしょう

髪のパサパサの原因として、髪の内部のタンパク質が流出している事が挙げられます。

カラーやパーマにより、髪のキューティクにダメージを

与えその隙間か水分が漏れて乾燥毛になりパサパサになってしまいます。

乾燥毛とはどんな状態

文字通り、髪が乾燥している事です

乾燥毛にも段階が段階があります。

髪は表面方順番に キューティクル、コルテックス、メデュラという三層構造になっています。

髪が傷んでしまう最初の原因は、キューティクルのダメージからスタートします。

キューティクルが剥がれ徐々にコルテックスにあるタンパク質が出てしまいます。

コルテックスにあるタンパク質が少なくなればなるほど髪の乾燥がひどくなるという事です。

乾燥毛を改善するには

最近のヘアケア剤は、髪をコーテイングする事で乾燥を防いでいる物がほとんどです。

髪がこれ以上傷まないように、シリコンなどのコーテング剤やオイルなどを使い水分が漏れない様にしています。

お肌で例えると乾燥した肌にオイルなどを付けている事と同じ様に、

根本的な解決にはなっていませんね

ヘアケアのポイントはコルテックスにあったタンパク質を、

髪に戻してあげる事が乾燥毛の改善になります。

今では、髪のタンパク質をもとに戻すことは可能です

そしてキューティクルを再生を促す事です

髪のタンパク質をもとに戻す

髪のタンパク質は「ケラチンタンパク質」と言います。

ケラチンには元素記号で、S=硫黄 が含まれている事を意味します。

パーマがかかるか仕組みとして、髪のてタンパク質のSS結合を一度切りはなし、

形をつけてからもう一度、再結合させてる事でパーマが形作られます。

では、元素のS=硫黄をタンパク質にくっつけた状態の物を、

髪に入れれば髪のタンパク質をもとに戻す事が可能です。

キューティクルを再生を促す

一般的には、「髪は死んだ細胞、傷んでしまったら治ることはありません」が常識です

しかし微弱ながら髪はキューティクルを再生し枚数を増やしている事を確認しています。

髪は、中心にあるメデュラでは、有機酸を気化したイオンで髪を改善している事が分かっています。

しかし、カラーやパーマの傷むスピードと髪が改善しているスピードが

追いつかず髪の傷みは進行してしまうのです。それならば

そのイオンを活性化させればキューティクルを再生する事が可能なのです

髪のタンパク質をもとに戻す

キューティクルを再生を促す

髪のパサパサを改善するのに最も適したキュアトリートメント。

このトリートメントの凄い所は、今までの物とは全く違うケア方法で髪を改善する事ができる事です。

艶


スポンサーサイト
by アトリエアクア
11:03 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
12月の営業案内 | top | クリスマスコフレ

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ataqua.blog37.fc2.com/tb.php/574-0223acd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)