FC2ブログ

秋のダメージケア

少しずつ暑さも和らいできましたね

夏も終わり秋におこりやすい頭皮や髪のトラブルに

ついてお話します

秋は抜け毛が特に多くなる季節だと言われますが、

髪の毛は季節を問わず1日に約50本から100本が無意識のうちに抜けているとされています

季節の変わり目でもある8月から9月は最も抜け毛が多くなる季節で、

なんと1日に200本も抜けてしまいます。そのような季節に効果的なヘアケア方法を

秋の抜け毛対策についてご説明します

一般的に8月から9月の夏から秋に季節が移り変わる時が、

一年のうちでも一番抜け毛が増える時期です

この1ヶ月間から2ヶ月間の間に抜け毛が増える理由としては、

さまざまなことが考えられます。例えば、夏の強い紫外線に頭皮や髪がダメージを積み重ねていること、

夏バテが原因での食生活の乱れによる髪や頭皮への栄養不足、

体毛全体の生え代わりの時期である毛周期であることがそれにあたります

また、疲れやストレスなども抜け毛の原因となります

このような抜け毛の原因は多ければ多いほど抜け毛も多くなってしまうので、

努力次第で改善できる原因はなくしていけるように生活を見直してみてください

秋は普段よりも抜け毛が多くなる季節ですが、

このような抜け毛が多い時期はいつまで続くのでしょうか

実は、秋の抜け毛は11月くらいまで続き、

それが落ち着いてくるのはだいたい12月くらいだと言われています。

抜け毛が増えてくるのは8月の暑さがピークを超えた頃からなので、

12月まで続くと思うと長いと感じてしまいますよね

抜け毛が続けば続くほど薄毛になってしまうのではないかと

不安になってしまう方も多いと思いますが、

誰もがこのくらいの時期まで抜け毛が多いことに悩むことになるので、

11月から12月くらいまでの間は抜け毛が多くてもあまり心配しなくても良いでしょう

逆に、抜け毛が落ち着く時期になっても抜け毛が減らないという場合は、

季節によるものではなく他に何か原因がある可能性があるので要注意です

秋のヘアケア方法

秋の抜け毛対策のカギともなるヘアケア方法は

女性は30代後半以降から薄毛に悩む人が増えます

特に、秋など抜け毛が増える時期には

今まで気にならなかった薄毛に悩む人が急激に多くなるのではないでしょうか。

女性の場合はホルモンバランスの乱れや1日に2回以上シャンプーをするなど

髪の毛の洗いすぎ、ダイエットなどが原因で抜け毛が気になることが多くあります

このような抜け毛の悩みを解消するためには、食生活を規則正しくしたりサプリメントの活用

ヘアケアの方法としては頭皮マッサージを行って頭皮の血行を良くしたり、

UVスプレーを髪にかけたり、ダメージを受けた髪にダメージ毛用のシャンプーを

使うことで効果を得ることができます。また、トリートメントを使って髪に潤いを与えるのも良いでしょう

女性の場合には円形脱毛症になってしまうことが多いので、

定期的にチェックをして自分の髪質に合ったヘアケア方法を実践することで、薄毛予防をすることが重要

秋には夏から続いている髪のダメージを気にする人が増えますが、

意外と忘れがちなのがその髪の毛の土台となっている頭皮のケアです。

頭皮が受けたダメージは髪の毛に隠れてわかりにくいのですが、

頭皮が強いダメージを受けた状態であれば、

もちろん抜け毛は増えてしまうことになります

そのような抜け毛を増やさないためにも、抜け毛の多い秋にはしっかりと頭皮のケアも行っていくことが重要です。

秋にダメージが蓄積された頭皮は”秋バテ”とも呼ばれ、

乾燥や代謝の低下の原因になることで髪への悪影響を及ぼします

秋にできる頭皮ケアとしては血行を良くするために温かい飲み物を摂ったり運動をすること、

ヘアケア商品を使った保湿ケアが効果的です

また、頭皮のマッサージを行うことで頭皮の血のめぐりを良くすることができるので、

普段はお風呂でマッサージをセルフで行い、

定期的にヘッドスパに通ってプロに頭皮をほぐしてもらうことをおすすめします。

このような秋の頭皮ケアは秋以外にも効果的なので続けていくべきですが、

特に抜け毛が増える秋には他の季節よりも重要性が高いということを理解しておいてください

長々と失礼しました

スパ3

美髪

スポンサーサイト



by アトリエアクア
09:51 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お肌のベタツキ

ようやく暑さも和らいできた気がしますが

まだまだ、日中は汗ばむ暑さでお肌のべたつきが

気になります

頭皮のベタつきについてですが

気温の上昇とともに開いている毛穴は増えます

冬に比べて夏は毛穴の開きが1.5倍~2倍ほどにも増加します

冬は体温維持のために、夏は熱を下げるために、

といった気温の変化に応じて体温を調整すると言う人間にとって大切な働きによるものです

とは言ってもメイクをする女性にとっては特にイヤなものですね

さらに‼️

頭皮は顔の3倍もの皮脂量があります‼️

だから

顔よりベタつきやすく、

毛穴もつまりやすい上に顔と同じように

保湿を充分にしている人が少ない

ということで水分の不足から皮脂で守ろうと

過剰に皮脂がでて酸化して詰まりやすく、臭いもでやすいのです。

ただ皮脂は油なので

温度か低いと(冬)固くなります

温度が高いと(夏)やわらかくなります

(バターやマーガリンなどに例えると分かりやすいです)

つまり皮脂は

冬が固いので毛穴に詰まるととれにくし詰まりやすい

これはこれで盲点ですね

夏は皮脂が多いけどやわらかいので冬より皮脂詰まりがとれやすい‼️

そしてやわらかいので肌表面に流れ出やすいのです

それでベタつくというわけなのです

肝心のベタつき対策には頭皮にあったシャンプー剤を使って洗うことと

(もちろん事前のすすぎとシャンプー後のすすぎは念入りにしましょう🎵

シャンプー剤が頭皮に残ると乾燥やカユミの原因に)

シャンプーで皮脂をとったそのあとがさらに重要ですよ。

頭皮用化粧水か頭皮用美容液または

育毛剤には保湿してくれたり毛穴を引き締めてくれたりと頭皮環境をととのえてくれます。

しっかり保湿でベタつき、カユミ、抜け毛、イヤな臭いの予防が同時に行えますよ。

洗顔後のお顔だけでなく

たっぷり頭皮にもうるおいを与えて、毛穴をひきしめてあげることが重要です。

ぜひお試しくださいね🎵

あなたの頭皮や髪質に合わせてシャンプー剤や

頭皮用美容液などをアドバイスさせていただいております

ぜひご相談ください

頭皮も髪もベタつきが気になる人こそしっかり保湿をしましょう

cota_.jpg

セラ



by アトリエアクア
09:27 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

糖質過多

台風一過の猛暑

体調など崩さないように

お気をつけてください

暑さのために水分補給は欠かせませんが

糖質の取り過ぎによって、

髪のたんぱく質が、ゴミたんぱく質になります

コラーゲンに、ゴミたんぱく質が蓄積されると、

肌のたるみやくすみ、髪のはりのなさが、

進行してきてしまいます

(コラーゲン)もたんぱく質の一種で、

皮膚や筋肉や内臓や骨や目など、

あらゆる体の組織にあって、

細胞を繋ぎ止める働きをしています

コラーゲンは、健康な細胞には欠かせない

重要な働きをしています

そのコラーゲンに、ゴミたんぱく質が蓄積されると、

本来の働きができず、

顔にシワが増え、髪がパサついたり、

老化現象が、早くなってしまいます

炭水化物(ご飯、パン、麺)など主食となる白い食べ物は、

過剰に摂取すると、糖質が増えてしまいます

ゴミたんぱく質にならないように、

食生活は、十分気をつけて下さい

食べ物、食べ方によっては、髪質が変わってしまいます

花粉2
by アトリエアクア
08:50 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

紫外線対策

冷やしシャンプー1


うだるほどの暑さで体調管理しっかり

してくださいね

髪にとって要注意のシーズンといえば!夏です

汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなるうえ、

髪にダメージを与える紫外線が強くなるからです。

夏は、紫外線とエアコンによる乾燥は、大敵です

紫外線は、水と一緒になった時、

髪に影響が強くあらわれるので、

夏場の海、プールでは、髪が濡れたままで紫外線を浴びると、

髪が赤茶けて、髪に大ダメージが起きてしまいます。

外出する時は、帽子をかぶったりして、

UV ケアオイルB7、コタベースB3をつけたり、

紫外線を浴びる面積を少なくする工夫を

また、エアコンがきいた部屋は、

想像以上に乾燥しているため、

髪の水分が、どんどん失われてキューティクルが、

剥がれやすくなります

これが、切れ毛、枝毛の原因になり、

その先は、抜け毛の原因に繋がってしまいます

キューティクルは、髪を守る最後の砦です。

健康な髪の寿命は、6年ですが

キューティクルが剥がれると、寿命が短くなります

髪の健康には、紫外線とエアコンを気をつけて下さい

ヘッドスパ

by アトリエアクア
14:03 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑