FC2ブログ

再生

一気に蒸し暑さが体調管理しっかりしてくださいね

朗報です

再生医療が進化するなか、

毛包の再生に一歩近づく研究成果が発表されました

「シャーレ上でヒト毛包の生成に成功」と『fabcross』が

学際的オープンアクセスジャーナル「Nature Communications」に

掲載されたコロンビア大学アービング医療センター(CUIMC)の

研究論文を2019年7月11日掲載しました

毛包再生は、マウスやラットの体毛では可能になっているが、

ヒト細胞では実現していません。

CUIMCの研究チームは、毛包基底部にある毛乳頭が真皮細胞が

毛包内に突出していることに着目

突出した形状を3Dプリンターで作成し、

その形状にあわせヒト皮膚を成長させました

3Dで作成した型を取り除くとヒト皮膚の中に微小な深い穴ができた。

ヒト毛包細胞をその穴の中に移植し、

その上を毛髪の主な構造成分であるケラチン産生細胞で覆い、

さらに育毛を促進する成分を細胞に注入すると、

3週間後にヒト毛包が出現し毛髪を作り始めた、という。

シャーレ上で人工的にヒト毛包が作られたのは初めてです

いよいよ髪の最大の悩みがなくなりそうですね

薄毛
スポンサーサイト



by アトリエアクア
18:16 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑