FC2ブログ

色彩

ご機嫌いかがですか

少し前に面白い記事を読んだので、ご紹介を

皮膚には目の網膜と同じように、

光の色をとらえるタンパク質「オプシン」と

光の明暗を感じるタンパク質「ロドプシン」があるということがわかっています

このオプシンが、光(可視光線)の三原色である「赤、緑、青」をとらえ、

それらの色のかけあわせにより、さまざまな色を識別しています。

さらに皮膚は、人の目では見ることのできない(不可視光線)の

紫外線や赤外線まで感じることができます

これは、日焼けで肌が茶色く反応することからもわかるとおり、

神経や脳を介さずに表皮細胞のレベルで感じ、

情報処理しているとの実験データもあります。

皮膚の光の色に対する実験では、

壊れた角層バリアを「赤い光」には回復を速める効果があり、

「青い光」では遅れるという結果もあるそうです。

さらに「青い光」は、ニキビの原因である菌の増殖を防ぐという報告もあり、

色によって皮膚にもたらす影響も徐々にわかってきたそうです

と、いうことで、

明るい色で美肌対策を

熟していないトマトを白、赤、黒の布に包んで経過を

観察するという実験があるそうですが、

結論を先に言ってしまうと、白い布ではトマトが通常どおりに熟したのに対し、

赤い布では醗酵するほどに熟し、そして黒い布では、

トマトが緑のまましぼんで枯れてしまったとのこと

これは、白は太陽光の反射率がまんべんなく高くて光を通しやすく、

逆に黒は吸収して遮断してしまったため、さらに赤については、

波長の長い赤い光によって熟成が早められたと推察されるんだそうですね

そう考えると、過去にあった「赤パン健康法」といった、

「赤い下着や服を身に着けるとパワーが湧いてくる」という説や、

「黒い服ばかりを着ていると老化が早まる」などといわれていたことが、

色彩心理学だけでなく皮膚科学上でも、真実味があるのではないかと思いますよね。

やはり美肌をめざすならダーク系の服ばかりではなく、

明るい色を着た方がいいようです

おまけにもうひとつ

色彩心理学の観点から美容に関する情報を(^^)

人は、ピンク色を見ると女性ホルモンの分泌が活発になるといわれており、

薄毛に悩んでる男性なんかにも、特に良いのかもしれません

ぜひ、身の回りのものからピンクで揃えてみたらいかがでしょうか

それにしても「色」いうのは、奥深い(^^)

日よけ

まだ、これを被る勇気がありません

スポンサーサイト



by アトリエアクア
09:21 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

自己修復能力

こんにちは

寒い今は免疫力が低下しがちではないでしょうか

風邪や感染症にかからないようにするためには

免疫力を高めることが大事です

免疫力を高めるためには

腸を元気にする

腸の中には善玉菌と悪玉菌、

その都度どちらか強いほうに付く日和見菌の3つに分けられ、

善玉菌が多いと免疫力が高まります

脂肪の多い食事、ストレス、睡眠不足、

冷えなどで腸が元気がなくなってしまうと、

悪玉菌が増えすぎて免疫力が低下します。

善玉菌を増やすには食物繊維を積極的にとることです

体を冷やさない

体が冷えると、肩こり、腰痛、下痢、便秘、

生理不順、貧血などのさまざまな

不快症状があります。

体の冷えは自律神経を乱し、免疫力が低下します

ストレス解消

ストレスを受けると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、

交感神経が優位になり、

その結果、免疫力が低下します

ストレス解消は人によって様々な解消法があると思いますが、

一番簡単なものが入浴です。

ぬるめのお湯につかってリラックスし、

夜更かしをしないで十分な睡眠をとりましょう

これらを意識して風邪やウイルスを取り込まない身体を作りましょう

バイオザイム

by アトリエアクア
13:13 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

免疫アップ

連日のコロナウイルスの報道等で

心配な生活環境にさらされている毎日ですが、

夜はよく眠れていますか

睡眠不足、眠りが浅い

アクアに来ていただいているお客様にもそんな方もけっこう多いです

お客様にもカウンセリングの時にお聞きすることが多いのですが、

けっこう睡眠時間が短い方が多いのが現実です。

最近よく「睡眠負債」という話も聞きますが

その名前通り

負債を負っているのです…

睡眠時間が短いと、十分に脳やカラダが休息をとれてません

良質の睡眠をとれていないときは気がつかないうちに、

免疫力の低下や体調、お肌のトラブルを誘発してしまっていることも

老化を加速させているとも言えます

しっかり睡眠をとることでカラダも脳も休めることができて、

結果、免疫力アップにも繋がります。

【良質な睡眠は最良の美容法】

睡眠リズムを整えてくれる「メラトニン」というホルモン。

成長ホルモンとも呼ばれ、子供は成長に、

大人は疲労した細胞の修復にと、とっても関係の強いホルモン。

「メラトニン」は眠りについた最初の三時間によく出ると言われているそうです。

幸福感を感じる「しあわせホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」

自律神経や女性ホルモンを整えてくれるのに一役かってくれ、睡眠の質の向上にも

「セロトニン」は夜中の2時頃に一番排出されるそうです。

ということで夜11時までに眠りにつくことができれば

メラトニンとセロトニンのフルコースを浴びることができて体にもお肌にも最高です

家庭と仕事にお忙しい女性ですが

アンチエイジングと健康のため

11時までに眠りにつく習慣オススメです

【睡眠ホルモン「メラトニン」を増やすポイント】

・フェイシャルエステやヘッドスパをうける
・朝日を浴びる
・寝る1.5時間前を目安に40度前後のお湯で10~15分浸かる
・寝る前にスマホ、タブレット等の光を浴びない
・トリプトファンが多い食物をとる
(クルミ、豆類等)


アクアの植物療法フェイシャルエステに使用しているオリリー化粧品の

配合ハーブや配合精油にはこれらに、

働きかけて質のよい睡眠を促すことで美容にも一役かってくれます


何より❗

エステやヘッドスパを受けていただいた夜、お客様から「良く眠れました。」の声を良く頂きます。

質の良い睡眠で

若々しさと

今は何より免疫力をアップしてウイルスに強い体を作りましょう🎵

スパ1
by アトリエアクア
09:16 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こんにちは

やっと春が近づいてきましたね

ですが、春と言えば花粉

花粉は2月下旬~4月がピークとなっており、ピークを過ぎてからも

7月頃まで長期にわたって飛散しているんです

毎年花粉に悩まされている方も多いのではないでしょうか

そこで!今回は花粉症対策になるオススメの食べ物や飲み物をご紹介致します☆

1.朝食にはヨーグルトや納豆などの発酵食品を取る

2.おやつにはポリフェノールたっぷりのチョコレートを

3.夕食には鰯や鯖などの青魚を

4.飲み物はレモンバームやカモミールティを

このような食べ物、飲み物にはアレスギー症状を緩和してくれる効果や、

腸内環境を整えて免疫力をアップさせてくれる働きがあります(^o^)

逆に!この時期お勧めしない食べ物は油脂類や動物性タンパク質のもの

卵や肉類、生クリームやマーガリンの食べ過ぎには注意が必要です(汗)

バランスの良い食事で、今年の春を乗り越えましょう

2020カラー

by アトリエアクア
09:44 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マスク


お客様各位

平素はアトリエアクアをご愛護頂きまして、誠にありがとうございます。

アトリエアクアでは

新型ウイルス対策として

全スタッフへのマスクを推奨しております。

お客様におきましても、もしご希望であれば

マスク着用での施術もさせて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。

マスク営業になりますが、お客様に満足頂けるサービスを提供できるよう精一杯させて頂きます

何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

スタッフ一同
by アトリエアクア
09:23 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑