FC2ブログ

マッサージ

すごい暑さでばて気味ですが

よい睡眠と運動、食生活が免疫を

高める第一歩です

その中でも頭皮チェックがバロメーターになります

頭皮が硬くなっているのであれば、

今すぐ改善できる新習慣 

頭皮が疲れている時はコリ固まっている状態で

頭皮が休息を必要としており血流が悪くなっているサインになります

頭皮が疲れていると実感したら、

指で押してコリ具合をチェックすることが必要です

血流が悪くなると、必要な栄養素が頭皮に流れず、

頭痛やめまいといった症状も発症するので注意してください

頭皮が硬くなっているのであれば、

まずは頭皮マッサージとツボ、食事 改善、良質な睡眠

など手軽なことから始めましょう

ツボ2


頭皮マッサージとツボ 頭皮マッサージは、

コリをほぐすだけでなく血行も促進してくれます

翳風(えいふう)、百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボを刺激することもオススメです

翳風は、主に首や肩こりの緩和、難聴やめまい、

乗り物酔いに効果があり、

耳の後ろの出っ張った部分の少し下のくぼみがツボになります

百会は、ストレスや頭痛

不眠症や自立神経失調症にも効果があり

ちょうど頭のてっぺんあたりがツボとなります

オイル


スポンサーサイト



by アトリエアクア
13:05 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

炭水化物

猛暑で夏バテ気味ですが

食事の仕方で真っ先に体の影響を受けるのは

犬1

炭水化物、特にパンや白米などを食べ過ぎると、

血糖値が急激に上がるため、

それを抑える為のインスリンが過剰に分泌されます

したがってパンや白米を食べ過ぎれば、

確かに太りやすくなってしまいます。

その為、短期間でダイエットしたい時は、

炭水化物を減らしたくなる気持ちもわかります。

炭水化物は、三大栄養素なので大切なエネルギー源のひとつです

極端に減らしてしまうと、

髪は栄養不足になってしまいます心臓が弱くなったら、

肺が弱くなったら、内臓が弱くなったら、

人間の体は、生きていく為に必要な器官、臓器へ優先して、

栄養を送り始めます

生命活動に直接影響しない部分が、

後回しになってしまいます

食事制限で真っ先に影響を受けるのが、

『髪の毛や爪』などの末端部分です。髪や頭皮を考えたら、

炭水化物は一切食べない、

肉や魚などはあまり食べないといった

極端な食事制限は、しないようにして下さい

2012060618050001.jpg




by アトリエアクア
12:44 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ゴールデンタイム

オリンピック始まりましたね

開会式から昨日まで、沢山の感動をもらいながら応援しています

外での競技は暑さとの戦いも加わり、体調管理が大変だと思います

それでも勝ち取ったオリンピックの切符を手に、誇りをもって戦ってほしいですね

ところで髪のお話

一日のうちにもっとも髪が発毛しやい時間帯

夜10時から2時の時間帯は、髪にとって成長する時間の為

髪のゴールデンタイムとも呼ばれています。

しかし、なぜこの時間帯がゴールデンタイム?なのか

その理由をご存知ですか。

発毛におけるゴールデンタイムは、夜の10時から2時の間です。

このゴールデンタイムは、最も活発に髪の成長ホルモンが活動する時間帯とされています

髪の成長ホルモンには、

髪の主成分であるタンパク質などの栄養素の働きを、

促進させる働きがあります。そのため成長ホルモンが多く分泌される時が、

一日のうちにもっとも髪が発毛しやすく、

成長しやすい時間帯になります。

その時間帯に身体を休め、成長させることが、

人体にとって最も効率的になっているからです

人間は、大昔から昼に起きて夜になると眠る生活を続けてきました

夜間に起きているようになった期間はとても短いため、

現代でも人間の遺伝子には、

夜は眠り身体を休めるようにプログラムされています

このように、髪の仕組みが10時から2時に成長ホルモンを、

多く分泌させるようにできているので、

それに従うことが髪の成長につながります

ソフト
by アトリエアクア
08:26 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏季休暇のお知らせ

日中は蒸し暑く

マスクが息苦しく感じます

夏季休暇のお知らせ

 *8/16(月)~8/20(金))までお休みします

 *8/9(月) 8/10(火)もお休みします


 よろしくお願いいたします

冷やしシャンプー1
by アトリエアクア
08:01 | 店舗からのお知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

肥満

肥満との薄毛の関係をマウスで解明

むかしから肥満と薄毛の相関関係は指摘されているが、

そのメカニズムを東京医科歯科大学などの研究グループが突き止めました

とNHKが2021年6月24日のニュースで報道しました

同グループが科学雑誌「ネイチャー」電子版で発表した内容を報じたものです(写真)

加齢

生後22か月の大人のマウスに脂肪が多く含まれた餌を与えて、

生活習慣が毛の再生にどのように影響しているかを調べたところ、

脂肪の多い餌を1か月ほど与え続けたマウスは毛が薄くなる症状が確認されました

一方、通常の餌を与えたマウスでは大きな変化はみられなかった。

脂肪の多い餌を食べ続けたマウスは、

毛包幹細胞の中に中性脂肪がたまり

毛母細胞が表皮などに変化していることを突き止めた、といいます

肥満とハゲの相関関係は昭和の時代から指摘されているが、

肥満の人すべてがハゲるわけではないし、

肥満でない人もハゲることがある

脱毛のメカニズムについては男性ホルモン説が有力だが、

マウス実験の段階だが、中性脂肪も関係しているらしいのがわかりました

楽しみですね
by アトリエアクア
08:28 | スタッフ日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑